会社概要

企業名 株式会社阪井金属製作所
創業年月日 昭和42年5月1日
設立年月日 昭和47年8月1日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長 阪井博史
従業員 26名
事業内容 ネジ/ばね/プレス加工品/切削加工品製造販売
取引銀行 三菱UFJ銀行上六支店
加盟団体 大阪商工会議所会員/大阪建築工事金物協同組合賛助会員
所在地 〒545-0001 大阪市阿倍野区天王寺町北2-20-5
TEL 06-6713-6159
FAX 06-6713-8823


大きな地図で見る

 

創業の精神

創業者である阪井千代三(現社長の祖父)は義弟が創業した鋲螺(ネジ)販売会社に勤めていた。その会社は松下電器グループ(現パナソニック)からの受注を確保し、非常に活況であった。しかし、活況であるが故、従来の取引先をおざなりにしていた。それをみて千代三は、もっとお客様のために寄り添って、お客様の要望を聞けば、買い手よし、売り手よし、世間よしの三方よしになるのではないかと創業を決意した。創業者の精神は「お客様に寄り添い、お客様の要望を聞く、叶える」である。

 
2代目社長の阪井勝三の時代はバブル不況の煽りを受けて、低空飛行の時代であった。従来のネジ製品は競合大手との価格競争となり、売り上げをさらに低下させることとなった。それでも創業者の念いを胸に会社を潰さないように倹約して固定費をさげ守りの経営に徹した。社長である勝三自身の給料もゼロにして、後継のために財務体質の改善を図るべく必死で耐え忍んだ。2代目が努力して培った精神は「誠実、継続」である。

 
3代目社長の阪井博史は債務超過を脱するために、必死で営業活動を行った。利益第一主義であった。しかしクレームも多く、その処理にスタッフも疲弊していた。ある時お客様に納入した製品に材質の間違いがあり、市場クレームになってしまった。専務の協力もありトラブルは解決したが、その当時では厳しいペナルティを課されることとなった。その時に利益にとらわれるのではなく、お客様との間に入ってしっかりと管理することが我々に課されたミッションであると知った。3代目が失って初めて気づいた精神は「お客様に代わって品質を守る」である。

 

経営理念

私達は愛と誠実のモノづくりサポーターです 
お客様のお困りごとを一緒に考え、一緒に解決します

 

経営ビジョン

  • 日本のモノづくり、世界のモノづくりを全力で応援します
  • お客様への価値を創出し続ける「グローバルものづくり企業」を目指します
  • 勇気や励まし、良い影響力を与えられる人財づくりをします

 

社是

  • 誠実 ー 誠実に生きることが新しい自分を創る
  • 挑戦 ー 挑戦して失敗して未来の種を創る
  • 笑顔 ー 自分が源になり多くの笑顔を創る

 

使命

  • 常に誠実にお客様第一主義を心がけます
  • お客様の視点で物事を考えます
  • お客様のお困りごとを解決していきます
  • 働くスタッフの物心両面の幸せを創っていきます
  • 循環型社会、持続可能な社会の構築に貢献します

 

教育理念

  • 感謝 ー お客様・仕入先様・仲間・家族、関わる全ての人に感謝の気持ちを忘れない
  • 謙虚 ー 傾聴し相手の立場になって考える
  • 素直 ー 常に素直な気持ちで仕事に向き合う
  • 熱意 ー 熱意を持ってコトに当たる
  • 学習 ー 常に学び続ける
  • 貢献 ー 仕事を通じて社会や家庭に貢献できるようにする
  • 継続 ー 少しずつで良いから毎日積み重ねる

 

人事理念

  • 常に誠実に行動できること
  • 約束を守ること
  • 時間を守ること
  • 最善を尽くすこと
  • 相手を尊重出来ること
  • 素直に学んで素直に実践すること
  • 向上心があること/情熱があること
  • 可能性に挑戦し続けること
  • 自信と誇りを持つこと
  • 人間的成長を求め続けること

 

行動指針・しきたり

いつも元気に挨拶をします
  • 相手の目をしっかり見て、笑顔で挨拶を心がけます。
  • 「おはようございます」「お先に失礼します」
  • 訪問者には「いらっしゃいませ」「おはようございます」「こんにちは」
  • 大きな声で皆に聞こえるように。
  • 何かをしてもらったら目を見て「ありがとう」と伝えます。
時間は必ず守ります
  • 余裕を持った行動、常に5分前10分前行動を心がけます。(守れない場合は必ず事前に連絡を入れます)
  • 無断欠勤や無断の遅刻はしてはいけません。
身だしなみを整えます/履物は揃えて脱ぎます
  • 服装を乱したり、着崩したりせず、社会人としてきちんとした服装を心がけます。
  • 破れたり、汚れたりしている服装はしないようにします。
  • 履物を脱いだ時は必ず揃えて置くようにします。
  • 自分の履物だけでなく、その場にある他の人の履物も揃っていなければ揃えるようにします。
社内はいつも清潔に/整理整頓を心がけます
  • 1日1回の社内清掃を行い、常に清潔を保ちます。会社周辺道路のゴミ拾いも行います。
  • 落ちているゴミを見つけたら拾います。
報連相、確認を大事にする/コミュニケーションを密にする/過度なお喋りは控える
  • 報連相、確認は仕事の基本です。
  • コミュニケーションは重要ですが、仕事と関係のないお喋りで貴重な時間を失わないようにする。
知らないふりをしません(自分の仕事では無いからと知らないフリはしない心がけ)
  • 何事も誰かがやってくれるとは思わず、自分の担当以外でもできることは進んで行います。
取引先から個人的に金品を受け取りません/過度な接待を受けません
  • 個人的な品物や金銭の授受、過度な接待は受けずに、正当な評価で取引先を選びます。

 

品質指針

株式会社阪井金属製作所は、製品品質の向上を継続的に行い、顧客第一を志向することを基本理念とします。

  1. 継続的な改善活動と人材育成により、すべてのお客様に安定した高品質な製品を供給し続ける事を最大の目的とします。
  2. 提携工場と密に連携を取り、日本品質の海外調達を行うことで、社内外における不具合品のゼロ化を目指します。
  3. 各部門がそれぞれの役割を果たし、協力し合うことで、全社一体となった品質活動を行います。
  4. 関連する法規制を遵守すると共に、企業としての社会的責任を果たします。

 

環境指針

株式会社阪井金属製作所は、環境保全と、ものづくりの両立を図ることを基本理念とし、事業活動に伴う環境影響の低減を目指し、資源循環型社会の構築に貢献します。

環境保全への行動指針

  1. 環境関連法規制を順守します。
  2. 具体的な取り組みとして、次のことを提案致します。
    1. 省資源・省エネルギー・リサイクル活動を推進し、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、水利用量の削減に努めます。
    2. 事業活動を通して環境負荷削減、環境保全につながるサービスの提供を行います。
    3. 事務用品等のグリーン購入を推進することにより、環境に配慮した調達を進めます。
    4. 環境方針を全社員に周知徹底し、全員で環境への取組みを行います。
    5. 環境保護など循環型社会に貢献する企業活動のサポートを行ない、未来と地球を守る製品づくりのお手伝いをします。

 

各種取得認証・認定

  • 平成25年5月1日付で「経営革新に関する計画」の承認を受けました。
  • 平成29年7月7日付で「経営力向上計画」に係る認定を受けました。
  • 平成30年2月1日付で「阪市性活躍リーディングカンパニー」の認定を受けました。
  • 平成30年5月1日付で「阪市性活躍リーディングカンパニー」の2つ星認証を受けました。